2009年 12月 19日

風車

c0127227_2222387.jpg



案の定、パラパラと雨が降ってきたので、近くのカフェに入り早めのランチをしていると、
オーストラリア人のおじさまが話しかけてくれました。
そのおじさまは、オーストラリアで環境関係の会社を経営している人で、
その会社の内容は難しすぎてあまり理解できなかったのですが、
日本の経済情勢や、なぜ私がユトレヒトで一人旅をしているのかなど、しばらく二人で話しこんでしまいました。
「今日の朝はユトレヒトで風車を見てから会議に出ていたんだ。」と聞き、
そういえばこの間列車の中からちらっと風車を見たものの、まだ私はオランダで風車を間近に見ていないことに気づき、
「それなら私が案内しよう」と、おじさまに風車のある所まで案内してもらうことになりました。
風車のある所まで近付くと、少し晴れ間が見えてきました。
旅に来ると、なんとなく観光名所などは避けて、地元の人々の日常の生活と触れたいと思っている私ですが、
こちらの風車は、住宅街の中に自然と溶け込んでいて、とっても落ち着きました。
やっぱりオランダと言えば風車ですね。
[PR]

by sucrecuit | 2009-12-19 08:21 | ベルギー・オランダの旅


<< 水の上で暮らす      Utrecht ユトレヒト >>