2008年 08月 18日

Parks in London 2

c0127227_2125129.jpg




私が初めてロンドンを訪れたのは、暑い真夏の季節。
公園に行くと、全身を太陽の光に向けて幸せそうに緑の上に寝転ぶロンドンっ子たちでいっぱいだった。
ロンドンの人たちは太陽の光に当たるのが好き。
カフェに行くと、外のテラス席は満席でも中は意外にすいている、こんなことがよくあった。
日本では見慣れないこの光景に、はじめは戸惑うことが多かった。




c0127227_21252797.jpg




でもやがてあたたかい季節はすぐに終わり、寒い寒い冬の季節の訪れが近づいた時、
あたたかな太陽の光がどれほど愛しいものなのかを知った。
ロンドンの人たちは、やがて訪れる暖かい季節を待ち望みながら、長くて辛い冬の季節をすごす。
だから太陽が顔を出すと、その温かさを体全体で感じようとする。
太陽の光をこんなにも愛しいと思うことは、私は今までに一度もなかった。




c0127227_21254092.jpg

[PR]

by sucrecuit | 2008-08-18 22:21 | 毎日のロンドン暮らし


<< Notting Hill ノッ...      Wimbledon ウィンブルドン >>