<   2009年 12月 ( 15 )   > この月の画像一覧


2009年 12月 29日

tsubomi

c0127227_13525147.jpg




私とtsubomiとの出合いは偶然だった。
時々立ち寄る文房具屋さんからシトロンサレに向かう途中、コンクリートの打ちっぱなしの建物が目に入った。
京都の住宅街にぽつんとモダンなオーラが漂っていて、思わず乗っていた自転車を降りた。
中には雑貨が少し置いてあるみたいで、女の人が一人、テーブルに座って本を読みながらコーヒーを飲んでいた。
「小さなお店だけど、中でコーヒーも飲めるみたいだし、かわいい。やった、偶然見つけちゃった。」
看板にはtsubomiと書いてあった。
後日、小さな新しい出合いに心弾ませながら、tsubomiに向かった。
中は、外から見るよりもやさしくて居心地がよくて、北欧の雑貨がセンス良く飾られていて、ずっといたいと思える空間だった。
こうして、偶然の出合いから私のお気に入りの場所が増えていくのがうれしい。



c0127227_21143056.jpg

tsubomi
京都市下京区諏訪町通松原下ル弁財天町325
TEL:075-343-1667
14:00~18:00
close:Friday・Sunday



[PR]

by sucrecuit | 2009-12-29 08:13 | KYOTO/ 京都に暮らす
2009年 12月 28日

kitone

c0127227_20424895.jpg



四条東洞院を下っていき、高辻通りと松原通りの間の細い路地を西に入ると、kitoneと書かれた看板が見える。
一番最初にここへ来た時は、
「この道でいいのかなぁ。」
と不安に思いながら恐る恐る路地に入って行った記憶がある。
地元京都人ですら迷ってしまうような場所なのだ。
このお店は、もとは30年間放置されたままの古い倉庫だった。
外観からは、倉庫だった昔の姿が少しうかがえるが、扉を開けると、その過去の姿を一変し
新しい空間に生まれ変わった姿がぱっと眼に入ってくる。
今では、素敵な雑貨や器たちに囲まれながらゆったりとお茶をする居心地の良い空間という
新しい使命がこの場所に吹きこまれている。
店のはしにある小さなカウンター席にちょこんと腰掛けて、白い和風のカフェオレボウルに入ったカフェオレを一人楽しんだ。



c0127227_20425949.jpg

kitone
京都市下京区燈籠町589-1 1階
TEL:075-352-2428
12:00~18:00
金曜・土曜・日曜のみ営業



[PR]

by sucrecuit | 2009-12-28 07:39 | KYOTO/ 京都に暮らす
2009年 12月 27日

お散歩中

c0127227_22165991.jpg



Colmar コルマールにて。
[PR]

by sucrecuit | 2009-12-27 07:40 | フランスの田舎町
2009年 12月 26日

おとぎの国

c0127227_2215264.jpg




寒さがだんだんと厳しくなってきたこの季節、

ふとあのおとぎの国のことを思い出した。
[PR]

by sucrecuit | 2009-12-26 21:24 | フランスの田舎町
2009年 12月 20日

水の上で暮らす

c0127227_22195178.jpg



ユトレヒトで風車を見た後、周りの家や水上ハウスをぶらぶら見て回りました。

水の上で生活するってどうな感じなんでしょう。

一か月ぐらい、水上ハウスで暮らしてみたいです。


c0127227_22202182.jpg

[PR]

by sucrecuit | 2009-12-20 08:40 | ベルギー・オランダの旅
2009年 12月 19日

風車

c0127227_2222387.jpg



案の定、パラパラと雨が降ってきたので、近くのカフェに入り早めのランチをしていると、
オーストラリア人のおじさまが話しかけてくれました。
そのおじさまは、オーストラリアで環境関係の会社を経営している人で、
その会社の内容は難しすぎてあまり理解できなかったのですが、
日本の経済情勢や、なぜ私がユトレヒトで一人旅をしているのかなど、しばらく二人で話しこんでしまいました。
「今日の朝はユトレヒトで風車を見てから会議に出ていたんだ。」と聞き、
そういえばこの間列車の中からちらっと風車を見たものの、まだ私はオランダで風車を間近に見ていないことに気づき、
「それなら私が案内しよう」と、おじさまに風車のある所まで案内してもらうことになりました。
風車のある所まで近付くと、少し晴れ間が見えてきました。
旅に来ると、なんとなく観光名所などは避けて、地元の人々の日常の生活と触れたいと思っている私ですが、
こちらの風車は、住宅街の中に自然と溶け込んでいて、とっても落ち着きました。
やっぱりオランダと言えば風車ですね。
[PR]

by sucrecuit | 2009-12-19 08:21 | ベルギー・オランダの旅
2009年 12月 16日

Utrecht ユトレヒト

c0127227_22234331.jpg



Utrecht ユトレヒトは、アムステルダムから列車で約30分。
ホテルの人に、「オランダで、アムステルダム以外に訪れるとしたらどこがお勧めですか?」と聞いて、
色々候補を挙げてくれた中からユトレヒトを選びました。
ユトレヒトは、ミッフィーの生みの親であるディック・ブルーナさんの住む町です。
そして、オランダの運河にしては珍しく、地面の5メートルほど下に運河があります。
でもこれまでさんざんアルザスやベルギーで素敵な運河を見てきた私は、ほとんど感覚がマヒしてしまって、
その珍しいらしい運河を見ても、「ふーん」という感じでした。(ユトレヒトの人済みません・・・)
第一印象はこんな感じでしたが、この日は少し曇りがちの中、ユトレヒトの町をのんびり散歩してみることにしました。


c0127227_22241016.jpg

[PR]

by sucrecuit | 2009-12-16 22:48 | ベルギー・オランダの旅
2009年 12月 14日

黒ネコ

c0127227_2226365.jpg



最近黒い犬が目につくけど、私だって黒いし。

えっ?ちょっと白いとこあるって?



c0127227_2226164.jpg

[PR]

by sucrecuit | 2009-12-14 18:55 | ベルギー・オランダの旅
2009年 12月 13日

Amsterdam 3

c0127227_22273941.jpg



オランダのボートハウスに恋焦がれる。



c0127227_22275783.jpg

[PR]

by sucrecuit | 2009-12-13 21:01 | ベルギー・オランダの旅
2009年 12月 12日

シンゲルの花市

c0127227_22293451.jpg



シンゲル運河沿いで開かれる花市では、色鮮やかな花や球根がたくさん並んでいました。

上の写真は、本物のチューリップのように見えますが、実は造花です。

私がオランダを訪れたのは秋だったので、残念ながらチューリップは見られませんでしたが、

他の花を見ているだけでも充分楽しめました。



c0127227_2230345.jpg

[PR]

by sucrecuit | 2009-12-12 08:43 | ベルギー・オランダの旅