<   2013年 08月 ( 28 )   > この月の画像一覧


2013年 08月 31日

ロンドンのPub

c0127227_1042239.jpg



ロンドンへ来ると、パブに行きたくなる。

パブの前に飾られたきれいなお花たちに誘われてパブへ。
[PR]

by sucrecuit | 2013-08-31 10:09 | 毎日のロンドン暮らし
2013年 08月 30日

スパイダーマン

c0127227_9554965.jpg




「あっどうも、リスです。普段はかわいいとか言われています。」




c0127227_9561054.jpg


c0127227_956185.jpg

[PR]

by sucrecuit | 2013-08-30 10:00 | 毎日のロンドン暮らし
2013年 08月 28日

絵画のような

c0127227_125548.jpg




パリを歩いていると、ぱっと目の前に飛び込んできた映像が、まるで絵画のように思えることがある。


これもそんな時を切り取った一瞬。
[PR]

by sucrecuit | 2013-08-28 10:05 | パリ
2013年 08月 27日

子犬のプレゼント

c0127227_10353366.jpg



おいしいと評判のクレープ屋さんに行く途中で迷子になり、

道を尋ねるために入ったお店で、お店のマダムが走り回っていた子犬を抱きかかえながら

「この子はついさっきプレゼントで贈られたのよ。」とうれしそうに答えてくれました。

こんな素敵なお話があるんですね。記念に写真を撮らせてもらいました。
[PR]

by sucrecuit | 2013-08-27 09:28 | パリ
2013年 08月 26日

PARIS × SALON DE THE

c0127227_104813100.jpg



パリのSALON DE THE サロンドテでお食事を。

Palais-Royal パレ・ロワイヤルにて。




c0127227_1048441.jpg

[PR]

by sucrecuit | 2013-08-26 09:46 | パリ
2013年 08月 25日

「LADUREE」

c0127227_10395727.jpg




パリでは名店と名店をはしごしましょう。

「LADUREE」は、もうすっかり日本でもお馴染みになりましたね。

Bonaparte店にて。




c0127227_10401284.jpg

[PR]

by sucrecuit | 2013-08-25 09:42 | パリ
2013年 08月 23日

「Cafe de Flore」

c0127227_1149256.jpg




名店には足繁く通いたくなる。





「Cafe de Flore」
172 Bld Saint-Germain, Paris, France
+33 1 45 48 55 26
HP


c0127227_11491363.jpg

[PR]

by sucrecuit | 2013-08-23 09:47 | パリ
2013年 08月 22日

La tour Eiffel

c0127227_11261757.jpg




たまにはこういう写真もいいかな。 La tour Eiffel.
[PR]

by sucrecuit | 2013-08-22 09:26 | パリ
2013年 08月 21日

京都からロンドンへ移り住むことになりました。




本日は皆さまにご報告があります。

「SUCRE CUIT(シュクレ・キュイ)」はアンティーク雑貨やファブリックを扱うwebshopとして2006年にオープンいたしました。

そしてSUCRE CUITを始めてから同じように始めることとなったこちらのブログでは、不定期ではありますが

私の生まれ育った大好きな京都の町での暮らしや、買い付け等で訪れたイギリスやフランスなどへの旅先でのお写真を紹介してまいりました。




この度はご縁を授かり、2014年から住み慣れた京都を離れ、ロンドンのSt.John's Wood(セント・ジョンズ ウッド)

という町に暮らすことになりました。そのためwebshopはいったんクローズさせていただきます。

今後SUCRE CUITのサイトでは、ロンドンでの毎日の暮らしやインテリア、

ロンドンで見つけた美味しいものやかわいいものなどをご紹介していきたいと思っております。

またロンドンから行くヨーロッパの国々への旅日記もご紹介していきます。

こちらのブログは引き続き更新してまいりますので、お楽しみいただければ幸いです。

今後とも末永いお付き合いをどうぞよろしくお願い致します。




2013年8月
岩田紗代子





[PR]

by sucrecuit | 2013-08-21 08:53 | WORKS
2013年 08月 20日

「Premier SUCRE CUIT (プルミエ シュクレキュイ)」

c0127227_10503642.jpg





しばらくパリのお写真が続いておりましたが、ここで今回ご縁を頂き、プロデュースさせていただいた布を

ご紹介させていただきます。


フランスのアンティークファブリックのデザインを現代の布として復刻させたシリーズを

「Premier SUCRE CUIT (プルミエ シュクレキュイ)」という名前でプロデュースさせていただきました。

アンティークファブリックはほとんどが一点もので、もう一度同じ柄に巡り合える可能性は年々減ってきています。

そこで今回SUCRE CUITのショップで特に人気があって、個人的に私も大好きな柄で、

以前から復刻させたいという思いを募らせていた4柄を選んで復刻しました。

どれも個性的で、フランスの定番柄ともいえる柄です。それぞれ「春夏秋冬」に見立てて名前を付けました。



生地は、アンティークファブリックの風合いを出すために、「スラブシーチング」を使用しています。

「スラブシーチング」とは、シーチングの布にムラ糸を混ぜたスラブ素材生地で、

太い部分と細い部分のある不均一な糸を使用し、少しデコボコした手触りを意識しています。

肌触りはさらっとしていて、薄手の生地となっています。

お洋服はもちろん、インテリア小物など、パリジェンヌのように普段の生活にさりげなく使っていただき、

暮らしの一部として愛用していただけたらと思います。全4柄各3配色の12種類です。

上のお写真でご紹介しているのは、「Place d'ete(夏の場所)」と「Temps d'hiver(冬の時間)」の2柄です。

※こちらの生地は、商用でもご利用いただけます。




>>こちらのサイトよりご購入いただけます「クラフトナビ」



[PR]

by sucrecuit | 2013-08-20 09:48 | WORKS