<   2016年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2016年 06月 24日

天井の補強

c0127227_03065616.jpg



ただ今スケルトンの壁の枠組が作られ、穴が開いてでこぼこの天井が補強が進んでいます。

バスルームに設置するはずだったスライド式ドアが収まらないというトラブルがありましたが、

ちゃんとスライド式のドアで収まりました。

これでドアが廊下を邪魔しないで玄関が広く使えます。




c0127227_03072457.jpg


[PR]

by sucrecuit | 2016-06-24 09:06 | 毎日のロンドン暮らし
2016年 06月 20日

スケルトンの壁を作っています

c0127227_22321949.jpg




一時は廃墟のようになった我が家のその後です。
取り壊されるべき壁がすべて取り壊されることによって、壁の裏側にあった煉瓦の後が出てきました。
今回のリノベーションでは部屋の壁はすべて白に統一される予定ですが、
こうして見ると壁に古い煉瓦を使うのも味があって良いなぁと思います。
そしてまるで人の住めるような場所には見えなかった状態から、ゼロから新しく壁が作られていきました。
まずはスケルトンの壁が作られていきます。牢屋のようにも見えますが、このような光景を目にするのは珍しいですね。
今後この光景が懐かしくなると思います。我が家のリノベーションはまだまだ続きます。




c0127227_22323976.jpg



c0127227_22325852.jpg




[PR]

by sucrecuit | 2016-06-20 22:30 | 毎日のロンドン暮らし
2016年 06月 16日

自宅の壁をすべて取り壊しました。

c0127227_05280160.jpg



我が家のリノベーションは順調に進んでいます。
取り壊されるべき壁がすべて取り壊され、一つの大きな部屋のようになりました。
リビングの壁紙をすべて剥がすと昔この家で使われていた暖炉の跡が出てきたり、
玄関の廊下の壁紙を剥がすと、まだ庶民に壁紙が浸透する前の時代に使用されていた壁のデザインが出てきたりと、
改めてこの建物の歴史を感じるリノベーションになりました。
少し前までここで暮らしていたのが嘘のように、まるで廃墟のようになっています。
さて、ここからいよいよ新しくゼロから自分たちの家を作り上げていきます。




c0127227_05284047.jpg


c0127227_05290731.jpg




[PR]

by sucrecuit | 2016-06-16 09:27 | 毎日のロンドン暮らし