2015年 08月 25日

Cassis カシのお土産

c0127227_23011975.jpg



Cassis カシのお土産は、カシのワインとオリーブオイル。

すっかりCassis カシの虜だ。







[PR]

# by sucrecuit | 2015-08-25 09:00 | プロヴァンス
2015年 08月 22日

Cassis カシ2

c0127227_22465593.jpg




Aix-en-Provence エクス・アン・プロヴァンスを10時過ぎに出発してCassis カシに到着したのは12時を過ぎた頃だった。

港に並ぶお店の中に入り、ムール貝をいただくことに。

港を眺めながら新鮮な魚介類を食べ、この小さな港町が人々に愛される理由を知る。




c0127227_22474077.jpg

[PR]

# by sucrecuit | 2015-08-22 09:36 | プロヴァンス
2015年 08月 20日

Cassis カシ

c0127227_22232896.jpg



Aix-en-Provence エクス・アン・プロヴァンスから今度は南へ向かい、プロヴァンスの港町Cassis カシへ。

Cassis カシに到着すると町ではマルシェが開かれ、人々で賑わっていた。

しばらくマルシェの誘惑に負けながらなんとかマルシェを抜け、港の方へ。

Cassis カシは港のイメージが強かったけれど、港のさらに向こうではきれいなビーチが広がっていた。

きれいな青色をした海にまた足が止まった。



c0127227_23124239.jpg




[PR]

# by sucrecuit | 2015-08-20 08:21 | プロヴァンス
2015年 08月 17日

Bonnieux ボニューの八百屋さん

c0127227_18461731.jpg




Bonnieux ボニューを訪れたのは、村の外側からの絶景を見るためだった。


でも村の中に入り込んでいかないとその村の本当の魅力は分からないと思った。


Bonnieux ボニューの八百屋さんにて。




c0127227_18463783.jpg

[PR]

# by sucrecuit | 2015-08-17 10:45 | プロヴァンス
2015年 08月 13日

Bonnieux ボニュー

c0127227_15274143.jpg



Aix-en-Provence エクス・アン・プロヴァンスからBonnieux ボニューへ。

この村はずっと来たかった村。

この景色が見たくて、村から円状に坂道を下って行った。

遠ざかったり近付いたり。そうしてようやく辿り着いた。






[PR]

# by sucrecuit | 2015-08-13 10:26 | プロヴァンス
2015年 08月 12日

Cannes カンヌのテラスから

c0127227_23202901.jpg



お決まりのCannes カンヌのテラスの写真。

テラスの目の前に広がるビーチはお祭りのように賑わっている。

真夏のカンヌはやっぱりすごい。




c0127227_23230376.jpg

[PR]

# by sucrecuit | 2015-08-12 08:19 | カンヌと近郊の町
2015年 08月 10日

Cannes カンヌ

c0127227_18184372.jpg




冷夏のロンドンを抜け出して南フランス、コートダジュール地方にあるCannes カンヌへ。

このカンカン照りの太陽が懐かしい。一年を通して夏はやっぱりこうでなくちゃと思う。

今回はカンヌ別宅での休養の他に、ずっとずっと訪れたかったプロヴァンス地方のBonnieux ボニューやイタリア、リヴィエラ海岸の世界遺産である

Cinqueterre チンクエテッレの5つの村々への旅も予定している。

さぁ、まずはお祭りのように賑わっている真夏のカンヌから。




c0127227_17544483.jpg





[PR]

# by sucrecuit | 2015-08-10 15:54 | カンヌと近郊の町
2015年 06月 28日

英国配偶者ビザについて。

c0127227_01513913.jpg
               Photo by iPhone



昨年京都からロンドンへやってきてなんとか最初の冬を越え、気が付けば在英二年目に入りました。
昨年の春頃はビザを取るために四苦八苦しておりましたが、イギリス生活を一年終えた今ここで当時神経をすり減らした英国の配偶者ビザについて書いておこうと思います。



昨年の6月にロンドンに到着し、英国ビザの申請をしたのは3月半ばでした。私に必要なビザはSPOUSE VISA(配偶者ビザ)で、ビザ申請に必要なフォームを探し、英国での住居は定まっているか、配偶者には生活に十分な収入があるか、二人の結婚は正当なものか、生活に必要な語学力は備わっているか、過去の渡英歴などを記入しました。
そのフォームと共にそれらの証拠となる書類、例えば大家さんからの手紙や旦那の給料明細や銀行残高証明、二人の交際を証明する写真、二人が過去にやりとりした手紙やメール、電話の証拠などを提出します。
つまり二人の結婚は偽装ではないか、渡英後に政府からの補助金が必要な人物なのかを審査されました。

それらの書類を全て集め愛想のない受付の女の人に渡し、証明写真や指紋のスキャンも無事に終わったのですが、このとき誤算が。ビザが下りるまでは一週間程度と見込んでいたものの、三か月程度、遅ければ半年程かかるとのこと。さらにビザ申請の結果を今か今かと首を長くして待っていたころ、語学力証明のため受験したTOEIC のスコアが4月から英国ビザ申請に使用できなくなったという知らせが届いたのです。後日英国ビザセンターから突然朝一番で電話があり、結局電話で英語力を審査され、やっとビザが下りパスポートが手元に返ってきたのは6月初旬になってからでした。


こんなドタバタの中始まったロンドン生活ですが、渡英して以来少しずつ自分の居場所を確かめながら生きています。初めてロンドンを訪れたのは渡英したちょうど10年前の2004年夏でした。イギリス人の旦那と出会ったのもこの年です。あれから10 年経ち、渡英した当初はロンドンの家の中で旦那と二人でソファーに座りテレビを見ていることが不思議でなりませんでした。8月に雹が降り先が思い遣られたイギリス生活ですが、なんとか最初の冬を越えて春を迎え、今ようやくイギリスに迎えられたような気分です。


写真はロンドン中心部にある老舗のケーキ屋さんにて。
ロンドンで自分の好きな場所が日に日に増えていくことに喜びを感じます。



その他のロンドン生活の様子はこちらのサイトからご覧いただけます。





[PR]

# by sucrecuit | 2015-06-28 09:52 | 毎日のロンドン暮らし
2015年 04月 21日

Cannes カンヌ

c0127227_02394780.jpg



カンヌのアンティークマーケットにて。
こういう出合いがあるものだからたまらない。



その他のロンドン暮らしの様子はこちらのサイトからご覧いただけます。
http://instagram.com/sayoko_iwata/



[PR]

# by sucrecuit | 2015-04-21 11:39 | カンヌと近郊の町
2015年 04月 17日

Cannes カンヌ

c0127227_20111979.jpg
Photo by iPhone




Cannes カンヌにて。やっぱりこっちは暖かい。




[PR]

# by sucrecuit | 2015-04-17 10:56 | カンヌと近郊の町