人気ブログランキング | 話題のタグを見る
2008年 06月 13日

あるとれたんと

あるとれたんと_c0127227_205759.jpg






久しぶりに、京都の堺町三条にある町屋レストラン、『あるとれたんと』に行ってきました。
江戸末期の商家を、堺町通をはさんだ前のレストラン「RISTORANTE TantoTanto」のグランシェフ河上さんが、
1998年に町屋のイタリアンレストランとしてプロデュースされたそうです。
私も月に1回ほどのペースで『あるとれたんと』においしいイタリアンを食べに行っています。

町屋そのものをいかした外観ももちろん素敵なのですが、内装も素敵で、町屋とイタリアンが絶妙に溶け合った雰囲気です。
中庭もあり、緑が少し見えてとても落ち着きます。トマトソースのパスタを注文しました。





あるとれたんと_c0127227_205358.jpg
あるとれたんと

京都市中京区堺町三条上ル東側
TEL:075-253-3339




# by sucrecuit | 2008-06-13 11:36 | 京都暮らし
2008年 06月 09日

シテ島

シテ島_c0127227_1832308.jpg





パリのお気に入りのアイスクリーム屋さんを目がけて、シテ島へ向かう。
お母さんより先に小走りで進む小さな女の子。前の人とぶつかりそうで、私は内心ハラハラしながら女の子を見守った。
お母さんも後から小走りで女の子を追いかけて行った。
シテ島らしい小さな路地に一つ一つ目をやりながら歩いて行く。
おいしそうなアイスクリームをほおばりながら楽しそうに歩く人たちと何人かすれ違った。
あっ、みんなあのアイスクリーム屋さんで買ってきたんだ。
前に食べたアイスクリームの味を思い出しながら私もだんだん小走りになっていった。



シテ島_c0127227_183427.jpg





しばらくすると『Berthillon』と書いた茶色い看板と茶色い外装が目に入った。
中は人でいっぱい。ようやく中の席に着いて、チョコレートアイスとバニラアイスを注文する。
アイスの上に、生クリームがびっくりするぐらいたっぷりのっかり、クッキーがその上にのせられていた。
これは食べるのに時間がかかりそうだ。
ふととなりを見ると、さっき小走りで私の前を進んでいた小さな女の子とお母さんが、同じように生クリームのたっぷりのったアイスをほおばっていた。
さっきの小走りの理由はやっぱりこのアイスクリームだったんだ。



シテ島_c0127227_1833141.jpg


シテ島_c0127227_1833116.jpg




# by sucrecuit | 2008-06-09 12:23 | パリと近郊
2008年 06月 06日

PARIS

PARIS_c0127227_1146238.jpg





パリの町を散歩していると、いつも素敵な出会いがある。カメラを向けると、そこには自然とにっこりとした笑顔がある。
パリのことをまだよく知らなかった頃は、パリの人は冷たいと思っていた。
どこかつんとしていて、プライドが高そうだと思った。
何度かパリに来るようになり、だんだんパリのことがわかってくると、不思議とみんな優しく接してくれるようになった。
フランス語がまだまだ苦手な私は、つい英語で話しかけてしまう。
「フランス人は英語が嫌い。」とよく耳にするけど、私は誰からも嫌な顔をされたことがないと思う。
パリのルールを守っていれば、みんな優しく受け入れてくれて、そのことを知ってからは、余計にパリのことが好きになった。
そして今年もまた、久しぶりのパリに心躍らせながらここに戻ってくるんだろう。




PARIS_c0127227_11463789.jpg


PARIS_c0127227_11464686.jpg


# by sucrecuit | 2008-06-06 14:16 | パリと近郊
2008年 06月 04日

sweet chocolates

sweet chocolates_c0127227_1144471.jpg





女の子はね、誰だってチョコレートが大好きなの。ママだって、おやつにチョコレート食べるでしょ?

もう食べちゃダメなんて言わないでね、今日は特別な日なんだから。

あたしはあの一番大きな箱に入ったやつが欲しいの。うさぎちゃんのもかわいいけど、

あたしあんなにかわいいうさぎちゃん、丸かじりする勇気ないわ。

一度にたくさん食べないで、毎日少しずつ食べるんだから。

だからいいでしょ?ママ。早くお店に入ろ。




sweet chocolates_c0127227_11445946.jpg




# by sucrecuit | 2008-06-04 14:17 | パリと近郊
2008年 05月 30日

Roussillon 3 ルシヨン

Roussillon 3 ルシヨン_c0127227_1124533.jpg






約束の時間が来そうだから、待ち合わせの場所まであわてて戻る。

待ち合わせの場所に10分前に着いた私は、ふとここがフランスだということを思い出した。

日本のように時間にせこせこしないのが、のんびりと暮すフランス人のルール。

もし時間通りに迎えに来たら、待たせてしまうのは申し訳ない。「あと10分だけ」と自分に言い聞かせて、また遠くからオークルの世界に浸ることにした。

オークルの顔料のお店の前には、プロヴァンスの黄色い布のかかった白い机の下で、ぐったりと寝そべる一匹の犬がいた。

そしてそのとなりには、同じくぐったりと横たわる黒い犬。今日のこの気持ちの良いあたたかさは、犬たちの眠気も誘うようだ。

塀の上を歩く一匹の猫だけは元気そうに塀を駆け下りていった。




Roussillon 3 ルシヨン_c0127227_11242645.jpg


Roussillon 3 ルシヨン_c0127227_112435100.jpg





# by sucrecuit | 2008-05-30 15:53 | カンヌとプロヴァンスの町