人気ブログランキング | 話題のタグを見る
2008年 05月 26日

Roussillon 2 ルシヨン

Roussillon 2 ルシヨン_c0127227_11213863.jpg







オークル色の中にも、赤や黄色、オレンジ、ピンクなど、その家によって微妙に色合いが違う。

村の中を走り回るようにして見ていたから気付かなかったけど、そういえば朝から何も食べていない。もうお昼の2時をまわっていた。

メリー広場にあるカフェで遅めのランチを食べましょうか。

さっき通りがかった時は満員だったカフェも、だんだん席が空いてくるころだった。

人懐こい黒い大きな犬のいるカフェの日陰の席を選ぶ。





Roussillon 2 ルシヨン_c0127227_11215594.jpg






私の席に料理が出されると、黒い犬がそわそわ。ついには私の席の横にきちんと座ってじっとこちらを見てくる。

仕方がないので私のランチを少しわけてやった。

どうやったらごはんをわけてもらえるのか、フランスの犬たちはちゃんと知っている。

ただじっととなりに座ってうるんだ瞳で見つめるだけ。




Roussillon 2 ルシヨン_c0127227_1122652.jpg




# by sucrecuit | 2008-05-26 22:15 | カンヌとプロヴァンスの町
2008年 05月 24日

Roussillon ルシヨン

Roussillon ルシヨン_c0127227_1119270.jpg







リルシュルラソルグから、車で30分程度。そこにはフランスで最も美しい村の一つに数えられる小さな村がある。

「3時にまたこの場所で。」と車を降りて顔を上げる。こんなオークルカラーの村を目にしたのは初めてだった。

ゴルドの村を思わせるような形、でもゴルドの村とは全然違う。

山からむき出しになった絶壁、そしてその絶壁と全く同じ色でできた村がRoussillon ルシヨンの村だ。

痛々しいぐらいにむき出しになった絶壁は、オークルの採掘が盛んに行われていた過去を物語っていた。

おそるおそる村の中に入ってみる。

村の外側だけでなく、村の中全体がオークルカラーの世界だと気づくのには時間はかからなかった。

初めて味わうオークル色の世界に、ゆっくりと迷い込んでみよう。





Roussillon ルシヨン_c0127227_11192010.jpg





# by sucrecuit | 2008-05-24 17:52 | カンヌとプロヴァンスの町
2008年 05月 13日

Cafe in Paris

Cafe in Paris_c0127227_1141864.jpg





大好きなマレの街には、大好きなカフェがある。
1階はパン屋さん、2階はカフェ。大きな窓ガラスの向こう側はいつも多くのパリっ子たちでにぎわっている。
それは、おしゃれに敏感で、だけど味にもうるさいパリっ子たちの心をちゃんとつかんでいるから。

この間パリに来た時は改装中で中には入れなかったから、今度こそはと強い意気込みで訪れたこのカフェ。
1階のパン屋さんでパンを買って帰るのもいいけれど、やっぱりたくさんの光が入り込む開放的な2階のカフェでまったりするのがいい。
ピンク色のソファーとナプキンが乙女心を適度にくすぐる。




Cafe in Paris_c0127227_11412045.jpg





お皿いっぱいのサラダを食べたあとは、パンデショコラとカフェオレを注文する。
これが至福のひと時。


午後からの仕事もがんばりますか。



Cafe in Paris_c0127227_11413239.jpg


Cafe in Paris_c0127227_180501.jpg




# by sucrecuit | 2008-05-13 20:13 | パリと近郊
2008年 05月 09日

Cotswolds コッツウォルズ

Cotswolds コッツウォルズ_c0127227_215130.jpg





迷子にならないように来た道を確認しながらもっと奥へと向かう。

私が前を通りがかると、二匹の犬が大声で鳴き出した。

大きな体の犬と小さな体の犬、このでこぼこコンビはなかなか息が合っている。

前のフェンスを壊してこちらに走ってきそうな勢いだったので、急いで二匹を後にした。




Cotswolds コッツウォルズ_c0127227_2154132.jpg





コッツウォルズの落ち着いたアーモンド色の世界をじっくり目に焼き付けた後は

お店の並ぶ町中に戻って上質なアフタヌーンティーとスコーンをいただく。

帰りのバスが来るまでは、ふかふかのソファーと暖かい暖炉でまた癒されながら

たっぷりの生クリームとストロベリージャムがのせられたスコーンをほおばりましょう。



Cotswolds コッツウォルズ_c0127227_2162118.jpg



# by sucrecuit | 2008-05-09 16:47 | ウェールズと近郊の町
2008年 05月 08日

Cotswolds コッツウォルズにて。

Cotswolds コッツウォルズにて。_c0127227_2175694.jpg





まだ街のにぎわいがはじまらない朝7時、ロンドンのVictoriaコーチステーションへ向かう。

ここから長距離バスで約4時間、コッツウォルズへ向かった。

アーモンド色の建物、統一された色調がまわりの緑色と絶妙なバランスで溶け込んでいて、どこか懐かしい風合いを出している。

町から少しそれた住宅街にある坂道を下っていくと、犬の元気のいい鳴き声が聞こえてきた。

驚くほどきれいに整えられた緑色の庭の中で、一匹の茶色い顔した犬がはしゃいだ様子でこちらを見ている。

こんなに素敵な庭の中で生活しているのだから、犬だって旅人に自分の庭を自慢したくなる。

もちろん私はそこから数十分は離れることができなかった。

緑色とアーモンド色がつくりだしたイングリッシュガーデンは、遠方から来る旅人の心を癒してくれた。



Cotswolds コッツウォルズにて。_c0127227_2181362.jpg



Cotswolds コッツウォルズにて。_c0127227_2184917.jpg



# by sucrecuit | 2008-05-08 23:10 | ウェールズと近郊の町